日々綴(とある私立大学職員)

日々思うことを書いていこうと思います。主として大学関連の話題。ただし、それ以外も日々の思いをつらつらと(とある私立大学職員)

LGBTについて

 LGBTについて、少し考える機会があった。考え方の違い等も大きい分野だと思うので、見ていて不快な気分になった方がいれば、途中で読むのをおやめください。

 

 なお、当初は踏み込んだ記事を書こうと思いましたが、あえて人が不快になるかもしれないことを書くのはどうなのだろうと悩み、下書きを書いては消してを繰り返しました。そのため、内容自体が薄いものになっているかもしれません。

 

 自分自身は男性で、恋愛対象は女性という世間的にはマジョリティとされる方であり、正直なところ、LGBTについてすべてを理解できない面もある。これまでそういう人がいるということは知っていて、なんとか理解しようとしてきた。ただただ好意を持つ対象が自分とは違うだけ、一つの個性、単なる違い、などなど。

 そう思おうとはしつつも、自分が理解できないものを落とし込むのは難しいなと感じていた。

 

 そんなことを思っていると、次のような記事を見つけた。

絶賛炎上中の「LGBTが気持ち悪い人の本音」記事はなぜ完全にダメなのか | BUZZAP!(バザップ!)

 この記事の中で触れられた言葉で少し救われた気がした。

 LGBTを「理解」する必要は無い
そしてこの男性を含め、多くの人が勘違いしているのが、LGBTを差別しないためには「理解しなければ」ならないと考えていること。このふたつは全然別問題なのですが、なぜかひと繋がりのこととして捉えられがちです。

(中略)

 「何も関わらない」で全く問題ありません。理解もせず、差別棒も振り回さず、何も関わらずに生きればいいのです。この男性がわざわざ当事者に対する偏見を消そうとする必要もありませんし、当事者の苦しみに寄り添う必要もありません。

(中略)

「心にどれだけ差別が巣食っていようと、それを実際の言動で表現しない」

 

 ただただ嫌いなことをわざわざ嫌いと言わなくてもいい。わざわざ人を不快にさせる必要はない。理解できないものがあることを理解することが大事なのだろうと思う。

 

 そういえばたまに口ぐせではないけれど、クッション言葉(?)で「聞いたら嫌かもしれないけれど」というのを使うことがあって、なら言うなよと言われたことがある。人が嫌がると思うことは言わない姿勢はいいなと思ったのだが、と同時に、自分と他の人との認識の違いや好き嫌い、価値観の違いがあることもあってクッション言葉(?)を使った面もあって、言葉って難しいなと思ったのを覚えている。余談です。

 

 話が逸れたがLGBTについて。

 ニュージーランドの議会で同性婚を認める法律ができた際に称賛されたスピーチがある。私は英語ができないため、他の方が翻訳されたブログをまた引用させていただくが、このスピーチを聞いた際(正しくは翻訳された日本語を読んだ際)、そんなに難しく考える必要はないのかな、自分に害がなく、それでいて誰かの幸福度が上がるのならそれを認めていいんじゃないだろうかと思ったのを覚えている。

www.huffingtonpost.jp

 互いへの干渉を少し和らげて、嫌いなことではなく好きなことにより目を向けると世の中もっとよくなるのかもしれない。

情報共有

 色んな研究会や勉強会に参加して学ぶことがあり、そうした情報を共有させていただくことがある。特に興味を持った分野で関連する研究をしている方には。(一方的に送りつけていることもありますので、迷惑に思われてるやもしれませんm(_ _)m)

 

 残念ながら自分自身が共有いただけることは少ないのだが(苦笑)、これは自分の関心分野が認識されていないことであったり、あるいはそもそも自分自身が知られていないということもあるのだろうと思う。無名の一般職員なので。【いただける分は大歓迎です!!】

 

 自分自身は、さまざまな学びのなかでいろんな疑問を持ったり、アイディアが出てきたりして、それ自体も共有するのだが、なぜ自分でやらず情報共有をするのか?それは、関心分野がそもそも違ったり、この人だったらこの分野をさらに拡げてくれるだろうなという思いからだったりする。もちろん、それをどうするかは受け取った方次第だが。

 

 先日、ある方と情報共有をさせていただいた際、ワクワクしてきたという言葉をいただき、本当に嬉しかった。(自分のアイディアとかではなく、情報のみの方だと思うが)

 

 自分の関心分野のアイディアは自分でやりたいですが(笑)、それ以外では積極的に情報共有していきたいなと思う。

 

 ただ、内容によっては詳細を含んでいたり、そもそも情報公開をしないタイプの方の発表だったりすると、ブログで記載するのはどうかなと思うので、そこが最近ブログの更新が滞っていた理由。もちろん他の理由もありますが。

やりたいことをやること

 自分自身、やりたいことをやりたいという思いが強い。

 やりたいことをやる、それは普通なことだと思うのだが、惰性で続けてしまっていたり、毎回やっているから今回もやらないとということでやっていたり。そうすると、中身のないものだったり、やっつけ仕事になっていたりする。

 続けることはそれはそれで大事なことなのだが、中身のないことを続けるのであれば、あえて一度休んでみる、止めてみることも大事だと思っている。

 

 今回あることで失望したことがあった。

 仲間内での慣れ合い感。

 

 もう少し外に開く。そうでないと、組織が硬直化する。そんな危機意識が足りないのではないかと思った催しがあった。ほんと残念。

キャリア教育セミナー@九州大学(3/11)に参加

 標記のセミナーに参加してきた。九州大学は福岡だけれども、福岡の中心部からも遠く、福岡県外に住む人に取ったはアクセスがかなり悪い。。しかも今回は参加費がかかるというなかで、自分があまり知識のないキャリア教育という分野だったため、興味があって参加してきた。

 

 内容に詳細に触れてしまうとどうかと思うので、印象に残った言葉をいくつか紹介するだけに留めたい。

 

 アクティブラーニングという手法ではなく、講義等でもアクティブに聞くという姿勢が大切(自分の状況に置き換えて聞くなど)。

 人は幼児期であっても、他者が示すものから自分の行動を決める。人は他者を通して自らを認識する。

 ↑は他者が変われば自らも変わるということであり、周りの環境、付き合う友人関係等が如何に重要かを再認識した。

 

 上記以外にも学べることがたくさんあった。新しくやってみたいと思えることもできたので、後はどう行動に移せるか。なかなか自大学では難しいものの、面白い取り組みだと思うのでどこかで実現させたい。

東日本大震災から7年

 今週末で東日本大震災から7年。被災した大学職員の方に話を伺う機会があった。たまたまあるイベントでご一緒して、期せずして二人での飲みになった際に伺った話。途中、書いたことがある内容もあると思うが、ご容赦ください。

 

 当時の被災の状況、数日間寝ないで学生の安否確認や避難所としての対応を行ったという話を聞いた。実際、私も当時は大学のある部屋で地震が起きた後の中継を見ていた。そういうこともあって、その話を聞いた際は不意に泣きそうになってしまった。

 

 話を伺った中で、当時の大変だった状況はもちろんだが、そろそろ復興という言葉からは離れないといけないという言葉が印象的だった。大学としては、前を向いてその時に得た知見を引き継いでいかなければならない。

 地震大国である日本は、東日本大震災の後にも熊本でも地震が起こり、また次の地震も予測されている。被災された方に寄り添うことはもちろんだが、次起きたときにどうするか、起きる前にできることはないかということを考える必要があるだろう。それが果たしてできているだろうか。

 

 大学としては研究活動の一環として地震やその被害予測、減災、避難方法、被災後の影響等々があるだろうと思う。また、大学自体が公共性が高いこともあるので、避難所としての役割も期待される。そうしたなかで、大学職員には大学職員としての行動だけではない、より広範な行動が求められる。

 

 職員も被災者であるなかで、寝る間も惜しみ学生の安否確認、避難してきた方々のケア、自治体との調整等々が求められる。その大学に詳しい職員だからこそできることもあるだろうが、単にマンパワーでできることもある。

 マンパワーでできることは被災地以外の人が手伝えないだろうか。

 地方自治体が他の自治体から職員を相互に派遣し合っているように、大学、特に私大についても同じようなことができないだろうかと常々思っている。

 

 二次被害も予想されることもあり、派遣大学が慎重になることはわかる。だけれども、どこが次の被災地になるかわからない状況の中で、相互に助け合うことはできないだろうかと思うのだ。

 そこで働いている職員の方が少しでも休める時間、家族を気にする時間、家に帰れる時間。そんなわずかな時間でも作れるように、私大でも災害時の職員の相互派遣が進めばと思っている。

 

 例えば、日本私立大学連盟(私大連)、日本私立大学協会(私大協)の加盟大学間でそういった協定を結ぶこと、あるいはJUAMのような組織でもそういった協定を結ぶことはできないだろうか。

 

 多分、まだまだできることはきっとある。

言葉にすること

 自分は”言葉にすること”が得意ではない。

 ”なんとなく”や”ニュアンス”で伝えてしまうことがたくさんある。

 恐らく語彙力の問題だろうと思う。

 

 昔からあまり本を読む家庭ではなかった。また、家では毎日テレビがついていて、流れているのはバラエティでニュースはほとんど見ていなかった。家計も裕福な方ではなく、親戚関係もほぼ高卒。大学に行くなんてってことも言われていた。ただ、小学校高学年ぐらいからか、突如として成績が上がったこともあり、そこから大学には絶対に行くと決めていた。

 

 そんな環境から、少しずつ親を懐柔(?)し、テレビがついているとしてもニュースになり、徐々に本を読むようになった。ただ、元から本を読んでいる人にはかなわないなと思う瞬間がある。それが語彙力。自分の中にある言葉はこれからも増えていくけれども、ずっと使ってきた言葉というのは抜けきれないものがあるし、使ってきていない言葉はなかなか使えない。使っている言葉だからこそ腑に落ちるものがあって、自分としても理解しやすいんだと思う。

 

 こういう習慣等の身についたものを思うと、育つ環境って大事なんだなとたまに思う。

 

 学ぶことはいつからでもできる。学びを継続すること、習慣化すること、それこそが大きなものだと信じている。ただ一方で、苦手なことはなかなか得意にならない。

 

 言葉にすることは得意じゃない。けれど、だからと言ってそこに甘んじていてはいけない。それも学びだと思って、もう少し表現力を磨きたいなと思う。

 

 今、さまざまなことで意見交換をさせていただいている方々がいて、たくさんの刺激を受けている。それとともに、自分の力の無さも感じる。そこで留まるのか、そこから進むのか。自分次第。もう一歩、踏み出そう。

大学等設置に係る寄附行為(変更)認可後の財政状況及び 施設等整備状況調査結果について(平成29年度)

 大学等設置に係る寄附行為(変更)認可後の財政状況及び施設等整備状況調査結果について(平成29年度)が公表された。

 

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/02/__icsFiles/afieldfile/2018/02/23/1401633_001.pdf

 

 幾つか気になる記載があったため、触れてみたい。大学名は上記に記載されてはいるが、流石にここに記載するのは憚れるため、気になる方は上記を参照願いたい。

 

 1.研究費への言及

事業活動支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上を図ること。

 2.経営状況

負債率が高いことから、負債について計画どおり償還し、負債額の減少を図ること。

 3.授業料に対する経費割合への言及

学生生徒等納付金に対する経常的経費支出の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べて低いことから、同納付金の学生への還元を図ること。

 4.情報の公表について

学校法人の公共性に鑑み、財務情報の一般公開(ホームページへの掲載)について積極的に対応すること。 

 

 1.研究費への言及について

 研究者である教員をある種勇気づけるものであると思う。近年、教員への研究費は厳しい状況であるとの報道や大学教員自身からの公表で表に出てきている。これら研究費について、是正意見として公式に見解が出されるのは評価されるべきことだと思う。

 

 2.経営状況について

 私自身、財務に疎いので、比較すべき大学の経営状況等はなかなかわからない。財務情報については公表されているものの、一つ一つを追っていくのは大変であるため、こうした指摘で状況がわかるのはありがたい。

 

 3.授業料に対する経費割合への言及について

 学生が納める授業料に対して、経費割合が低いという指摘である。授業料がきちんと学生に還元されているかどうかという点をこうした調査で言及しているのは評価されるべきだと思うし、さまざまなところで公表されるべきことだと思う。

 

 4.情報の公表について

 大学の財務情報については、私立学校法で作成と備付義務が規定されている。ただし、公表についての言及はない。一方で、大学は国からの補助金が導入されていることから公共財としての側面も持つ。そうした意味で広い情報公開が求められており、一般公開への言及がされているものだと思う。教育情報についても積極的な公開が求められており、それに関連したものであろうと推測される。

 私立学校法

(財産目録等の備付け及び閲覧)
第四七条 学校法人は、毎会計年度終了後二月以内に財産目録、貸借対照表、収支計算書及び事業報告書を作成しなければならない。
【則】第四条の四
《改正》平16法042
2 学校法人は、前項の書類及び第三十七条第三項第三号の監査報告書(第六十六条第四号において「財産目録等」という。)を各事務所に備えて置き、当該学校法人の設置する私立学校に在学する者その他の利害関係人から請求があつた場合には、正当な理由がある場合を除いて、これを閲覧に供しなければならない。

 

 久しく大学関連で書いていなかったが、なかなかおもしろい記載があったので触れてみた。まだまだ知らないことが多いなと思う次第。

 もっと学ばねば。