日々綴(とある私立大学職員)

日々思うことを書いていこうと思います。主として大学関連の話題。ただし、それ以外も日々の思いをつらつらと(とある私立大学職員)

他部署への口出し

 他部署への口出しは嫌われる。一般の会社はわからないが、大学の場合、部署が違うと違う会社のようなところも多い。

 

 年に数回、未だに前の部署のことで相談される機会があり、その相談を求められた部署だけであれば相談の求めに応じて助言をするので、特に問題はない。しかし、そこから他の部署へ波及する際、今所属していない自分が言うと「なんでお前が言うのか」ということになる。なので今所属している人に言ってもらうものの、誰が言うか、またどういう言い方をするかっていうことも大事で、正論が通らないことも多い。こう書くと自分が言えば通るのかと思われるが、実際に言っていないのでわからない。多分自分が言っても内容は同じなので同じ結論となるのだろうが、何故正論が通らないのかがよくわからない。

 

 致し方ないことはあるだろうけれど、人の不利益になること、今後に大きな影響を与えること等であれば、場合によっては戦う(論をもって)という選択肢も必要だと私は思っている。揉めるのが嫌っていうのもわかるけれど、正しいことは正しいと言っていいんじゃないかなと。

 

 ただ、以前にも書いたように、人を動かすのは感情であるから、正論だけではいけないのだけれど。