日々綴(とある私立大学職員)

日々思うことを書いていこうと思います。主として大学関連の話題。ただし、それ以外も日々の思いをつらつらと(とある私立大学職員)

苦言を呈してくれる人の重要性

 組織にとってちゃんと苦言を呈してくれる人というのは本当に大事だと思う。

 

 主に雰囲気を壊すだったり、関係性を悪くしたりしたくないからという理由であえて苦言を言わない人というのはいるが、それでは組織が方向性を誤ってしまったり、組織自体の存続が怪しくなったりする可能性がある。そういうなかで苦言を呈してくれる人というのは貴重な存在だ。

 

 もちろん感情論ではなく、ちゃんと理論的に筋の通った苦言であることが重要で、ただただ反対する人ではない。苦言を呈する人だって雰囲気を壊すであったり関係性を壊してしまったりということは可能性として考えてはいる。それでも、その組織の在り方やその組織の将来、そしてそこに所属する人や関係する人のために言わなくてはいけないという想いがあって言ってくれている(そういう人ばかりではないこともわかってはいるが)。

 

 そんな苦言をちゃんと言ってくれる人を近くに置けるかどうか。また、その苦言をきちんと受け止められるかどうか。トップの懐の大きさはそういうところに現れるのではないか。

 

 少々思ったことがあって書いてみました。