日々綴(とある私立大学職員)

日々思うことを書いていこうと思います。主として大学関連の話題。ただし、それ以外も日々の思いをつらつらと(とある私立大学職員)

センター試験での不正行為の公表

 以前に書いたセンター試験の不正行為の発表について、今回の試験では試験当日に迅速に公開された。

www3.nhk.or.jp

 大学の試験等でも不正行為が行われたりするが、そうした学生の様子を見ると非常に忍びない。ほぼほぼ留年が確定してしまうこともあり、各大学では如何に不正行為をさせないかと苦慮していることだろう。

 

 監督をする側にとっては、そうした事情を分かっているから、できるだけ不正行為がないようにと思っている。しかし、公正な試験を担保するために、不正行為を見つければそれを見逃すわけにはいかない。

 

 だからこそ、お互いに嫌な思いをしないよう、自分の実力を信じて試験を受けてほしいなと思うのです。

 

 不正をした結果、もしばれなかったとしても、恐らく一生覚えているだろうし、その結果に胸は張れない、なんとなくその後の人生に引っかかるものを作ってしまうんじゃないかなと私は思います。

 

 ※ 監督している風に書いていますが、監督するのは教員で、不正行為が見つかった後の対応を事務がすることが多いです。大学によっては事務も監督することもあるようですが。