読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴(とある私立大学職員)

日々思うことを書いていこうと思います。主として大学関連の話題。ただし、それ以外も日々の思いをつらつらと(とある私立大学職員)

褒められたときに恥ずかしがったり照れる必要はない。

私論

 これは自分のことである。

 これまで学生時代を含め、様々な発表をさせていただいたり、文章を書かせていただくことがあった。

 

 そんな時に、褒められることもごく稀にあるのだが、ありがたいと思いつつも、照れくさい方が強かった。

 

 ただ最近このように思う。

 自分自身を作ってきたのは、自分ではなく周りの人ではないか。

 

 これまでの人生、人と違う経験も多々してきたが、考え方や性格については、これまで育ててくれた親、関わってきた友人や恩師含めた人たち、読んできた本や新聞、少なからず影響を受けたテレビなどなど、そういったところから形成されている。遺伝的なものもあろうが、そうしたものは両親に依拠する。

 

 褒められたときは自分ではなく、そうした自分の背景にいる人たちが褒められている、そう考えると急に誇らしくなる。また、素直に受け入れられる。

 

 素直に自分が褒められることを喜べない人は、自分をこれまで作ってきた人たちが褒められているのだと考えてみると、意外と受け入れられるんじゃないかな。

 

 私なりの考えです。