日々綴(とある私立大学職員)

日々思うことを書いていこうと思います。主として大学関連の話題。ただし、それ以外も日々の思いをつらつらと(とある私立大学職員)

蛇足

最近学んだこと

正しさよりも感情や共感が人を動かす。だから、正しさを主張するばかりでなく、まずは相手を理解し、自分を理解してもらうこと。 共感っていうのは仲間意識のようなもので、職場とかの飲み会なんかは別に好きではないんだけれども、そういう場にもちゃんと顔…

期待に応えること

さまざまな方から期待されることも多くなってきた。 先輩や上司からの期待、後輩からの期待、外の繋がりからの期待などなど・・・ 多くの期待をいただくなかで、なかには過大評価されていることから来ている期待もある。そういう期待でも、できるだけそれに…

緊張しいの自分

自分は緊張しい(緊張しやすい人)である。 それを恥ずかしく思ってきたけれど、最近は必死に準備してきたからであったりだと思うようになった。それ以外にも人の期待に応えたいからだとかそういうのもあるだろうけど。 色んな理由はあっても、いい加減な気…

我慢できないこと

前Twitterでも書いたが、自分の友人の悪口を言う人とは仲良くなれない(建設的な批判は別として)。そういう意味では友人になる順番というか縁というか大事だなと思う。 それと同時に、人の見た目の批判はあまり聞きたくない。 ハゲとかデブとかチビとか、見…

頼まれたら断らないという姿勢

JUAMの総会でも元会長の方がおっしゃっていたが、頼まれたら断らないという方がいる。この姿勢は凄いことで、自分にはまねできないなと思う。 自分の場合は、頼まれて面白そうだったら断らない。 時間にも限りがあって、例えば発表とかを頼まれた場合、それ…

転職を考える

さて、何度目だろうか。転職を考える。 所属大学に問題があるわけではなくて、あくまで部署の問題。 外で頑張る。→そういう暇があるんだと仕事を増やされる。→それでも処理能力を上げて外で頑張る→さらに仕事を増やされる。 加えて何らかのミスをする→外で色…

人からの評価

同じような記事を書いた記憶があるが、つい最近、同じような言葉を違う人二人からかけられたこともあり、書くことにした。私にその言葉をかけたお二人がこの記事を読むと、私が誰だかわかるかもしれないが、気付いたとしてもきっと黙ってくれるだろうとの期…

常識(当たり前)の違い

自分の常識(当たり前)が人と違うことはよくある。 自分が平気なことでも相手が不快に思うこと、もちろんその逆もある。 そういうときに大事なことってすり合わせ(?)や話し合いだと思う。それができる相手であるかどうかというのは大事で、そこでちゃん…

人からの影響

どんな人であっても周りからの影響を全く受けないということはない。 考え方ややり方、言葉づかいなど、いつの間にか影響されている。 残念ながらネガティブなものほどうつってしまいやすいというというのが私の印象だ。特に私のように自分に自信がなかった…

上に立つ人に必要なもの

上司となる人間に必要なものにはいくつかの定義がある。 それはもちろん知識であったり、下への配慮であったり下を育てる力、判断力などが挙げられるだろう。 先日コミュニケーション能力が足りないと書いたが、それ自体は間違えではないものの、それよりも…

コミュニケーションを学ぼうと思ったきっかけ

ある方から「お前と話すとコミュニケーションが疲弊する」という苦言をいただいた(一言一句同じではありません)。 いつもプラス思考でいようとは思っているものの、流石にこの言葉にはまいった。 どうでも良い人なら何とも思わないこともできただろう。 で…

コミュニケーション

コミュニケーション能力、よく言われる言葉だが自分にはこの能力が足りないようだ。 Twitterでも書いたが、発想が人と違うと言われることがよくある。この意味は、プラスに捉えれば独創的、創造的。マイナスに捉えれば変わっている、偏屈なんてことになるだ…

外部研修等への参加

この件、もしかしたら以前書いたかもと思って記事を検索してみたが、該当するようなものがなかった。もし見たことがある方がいたら同じような内容なので読み飛ばしください。 自分が外部研修等へ参加するのには下記のような理由がある。 1.その分野の知識…

大学職員の転職

大学職員の転職、具体的には大学間の転職について考えることがあった。 一時期実際に考えていたのだが、少々事情があり断念した経緯がある。今回再度考えたのは、ある会合の際に冗談で「○○さん(私の名前)を引き抜いてもいいか」という言葉をかけられたから…

役に立つこと

大学等の教育・研究機関は補助金等が投入されていることもあり、世の中の役に立つ成果が求められやすい。准公的機関、准公共財のような側面から、そうしたことも致し方ない部分はある。 学内である教員と話をしていた際の話。 成果が出そうだとか、世の中の…

健康管理

ここ最近、外的要因、内的要因によって病院通いが続いている。 まだまだ無理の利く年齢だと思っていたのだが、学内の仲の良い先生からは「体にガタが来てるんだよ(笑)」と言われる始末。30前半ってそんな年なのかとショックを受けながら、ごく当たり前だっ…

全ての自己啓発(本)は正しい

全ての自己啓発(本)は正しいという前提で私は見ている。ただ、それが自分に合うときと合わない時があるだけだ。 その時々によって必要な言葉は違うわけで、頑張れという言葉も、だらけきっている時と既にギリギリまで張り詰めてしまっている時とでは全く違…

昔のトラウマ

ある人の言葉から昔のトラウマが蘇る。蘇るってことは克服できていなかったんだなと実感。もういっぺんちゃんと向き合って、克服しなければ。 それまでブログは小休止。

趣味の一つ

教育関連にどっぷり浸かっているとまでは言えないものの、それなりにプライベートでも学んでいる。そんな中で、リラックスの一つとなっているのがマンガだ。 全く興味のない人もいるかもしれないが、もし時間がある人は下記のマンガを読むことをおすすめする…

ボキャ貧と言われることについて

文科省の施策や読んだ本について書きたいけども、調べつつ書かないといけないので、蛇足のブログです。たまには書いてアウトプットしないと。。 さて、タイトルについて、最近ボキャ貧という言葉があるらしい。ボキャブラリーが貧困ということのようだ。ライ…

一人旅(旅行記録)

今回は中身の無い旅行記録です。 緊張しいで引っ込み思案。且つビビリな私。GWは一人旅をしてきました。 いざ東京へ。(2泊3日) 一人旅といっても友人の結婚に合わせて旅行を組み込んだもので、お祝いの日もせっかくだからと時間までどっか行こうとスーツで…

一番大事なのは人間性なのかもしれない

昨日、以前の部署の後輩と久々にご飯を食べに行った。この後輩は入職から昨年度末まで一緒に仕事をし、私が直接指導をしてきた。非常に勉強熱心であり、その姿勢には感嘆の念すら覚えた。本人は謙遜しているが、非常にできた後輩で、年数が倍近い私よりも既…

正夢

高等教育についての資料を読めていないので、少々蛇足を。エイプリルフールですが、嘘は書きません。 私はよく夢を見る。現実離れしたものは別として、現実感が伴ったものの多くは正夢となる。正夢にしたくない夢は、他人に話すと実現しない。これが私なりの…

歓送迎会

この時期、どこの大学でも人事異動に伴う歓送迎会が予定されている。場合によっては補充人事がなく、送別会のみだったりもするが。 ここで本学の人事事情は記載しないと宣言したので記載しないが、こうした歓送迎会についてのみ記載したい。部署によってこう…

大学職員の情報発信手段の変化(使い分け?)

大学職員の情報発信として、ブログがまず挙げられる。かくいう私も、自分なりの考えを発信する方法としてこうしてブログを書いている(自分の文章能力を鍛えるという意味も強いが)。 最近大学職員ブロガーの方々を見ていると、どちらかというとTwitterの方…

円城寺さんの本が話題である。

佐賀県庁で、救急車にi-padを導入した円城寺さん。以前、この方の講演を聞いたことをふと思い出した。 www.amazon.co.jp レビューでは賛否両論あるようだが、どんな問題があるのか現場に出向くことは必要だと私は思う。そこで体験して初めて見えてくるものも…

GWの予定

中身のないものが続きますがご了承を。寝過ぎたせいか頭が痛いのです・・・風邪? 時期的なものなのか、どれだけ寝ても眠いのです。。 5月の連休中に大学職員仲間が結婚するとのことで、東京に行くことに。せっかく行くのだからと2泊の予定で航空券付きの…

PK(伊坂幸太郎)を読了

私自身、小説が好きでよく読んでいた。最近はなかなか手にも取れないことが多いが、気分転換に読むようにしている。 私の場合、気に入った作者がいるとその作者の作品ばかり読んでしまう傾向にある。好きな作家は伊坂幸太郎、吉本ばなな。吉本ばななは「キッ…

人事異動について

少々事情が変わったため、ここでは記載しないことといたします(一応まだ未発表)。 他大学に移ることも考慮し、現在情報収集中です。私を採ってくれる大学があるかどうかは?ですが、採ってくれる大学があればいいなと。 情報収集はしてますが、どこか良い…

自転車通学の保険加入について

自転車通学の保険加入を義務化する下記のニュース。 www.asahi.com 関西の大学では保険加入の義務化や安全講習を行っているようである。自分の勤める大学はというと、講習はやっているだろうが、ステッカーとかを見たことがないので、やっていないものと思わ…