読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴(とある私立大学職員)

日々思うことを書いていこうと思います。主として大学関連の話題。ただし、それ以外も日々の思いをつらつらと(とある私立大学職員)

役に立つこと

大学等の教育・研究機関は補助金等が投入されていることもあり、世の中の役に立つ成果が求められやすい。准公的機関、准公共財のような側面から、そうしたことも致し方ない部分はある。 学内である教員と話をしていた際の話。 成果が出そうだとか、世の中の…

女性活躍、留学援助、障害者支援・・・様々な支援について思うこと

女性活躍、留学援助、障害者支援、生活保護・・・様々な支援について違和感を感じることがあった。その違和感について考えてみると、自分なりに考えが整理できた。あくまでも自分なりの考えをまとめたものである。(障害については、障がいという書き方もあ…

健康管理

ここ最近、外的要因、内的要因によって病院通いが続いている。 まだまだ無理の利く年齢だと思っていたのだが、学内の仲の良い先生からは「体にガタが来てるんだよ(笑)」と言われる始末。30前半ってそんな年なのかとショックを受けながら、ごく当たり前だっ…

久々にコラムを読んで心動かされた

斉藤ウィリアム浩幸氏のコラムを久々に読んでみた。 この方を知ったのは、日経新聞に掲載されていたコラムがきっかけで、毎回コラムが掲載される度に楽しく読んでいた。また連載をしていただければと思う。 さて、今回読んだなかで、特に母校(高校)の卒業…

奨学金について思うこと

奨学金について、給付型奨学金や貸与型奨学金の種類がある。これについては、大学関係者からは給付型奨学金のほうが望ましいという意見が大勢を占める。一方で社会からの理解は進んでいない。このことは以前のエントリーでも記載したとおりである(カテゴリ…

大学職員のキャリア

新年明けましておめでとうございます。 本当は昨年末に書き納めをしようと思っていたのですが、原因不明の頭痛に悩まされ、大晦日前日から年明け2日まで体調を崩しておりました。 昨年はものすごくストレスのたまる一年だったので、今年は穏やかに過ごせた…

久々の更新

久しく更新していなかった。というのも、自分のやりたいことと今やっていることの乖離が大きく、それを受け入れられなかったことによるある種の疲れが出ていたからだ。 職員の専門性が叫ばれて久しいが、学校法人という組織は将来の経営層、広く法人を見るこ…

窓口業務の時間

以前APU(アジア太平洋立命館大学)を訪問したときに、自大学とAPUで窓口の時間が違うことに驚いた。 大体多くの大学は、勤務時間中と窓口が開いている時間が同一だと思うのだが、APUの場合、10-15時(私の記憶では)のみを窓口の対応時間とし、窓口が多くな…

「大学」という場は不思議である

大学職員として働いていて常々思うのだが、大学という職場は本当に不思議である。 最先端のことを研究しているのにも関わらず、それが経営であったり運営であったりには全く活かされていない。あくまでも私見であるが、なかなか変わらないし、人の意見を尊重…

全ての自己啓発(本)は正しい

全ての自己啓発(本)は正しいという前提で私は見ている。ただ、それが自分に合うときと合わない時があるだけだ。 その時々によって必要な言葉は違うわけで、頑張れという言葉も、だらけきっている時と既にギリギリまで張り詰めてしまっている時とでは全く違…

2016年度JUAM総会@慶應義塾大学に参加

2016年度JUAM総会@慶應義塾大学に参加した。 総会の内容等については改めて記載できればしたいと思うが、今回のJUAMで印象に残ったのは次の点。 JUAMの存在意義について、学会という様相を呈していないという提言。論文数等が少ないことであったり、事例が…

還元

私用で参加した研修会などのことを職場に還元するかどうかを悩むことがある。 あくまでも私用であるため、上司等々には報告する必要もないし(休みを調整してもらう場合は別)、還元する必要もないと思っている。 ただ、一緒に仕事をしたことのある仲のいい…

外部の研究会への参加

久々の更新です。先週スマホでアップしようとしたところ、保存が上手くいかず、エラーが出て全ての入力データが消えてショックでその記事のアップは止めました。また、個人的に少々忙しかったこともアップできなかった理由です。 それはさておき、外部の研究…

大学のガバナンス改革について

学長権限が強くなったと言われるガバナンス改革。この改革に私は否定的だ。 最近学内の先生方と飲みに行く機会が何度かあった。そこで聞いた様々な話や自分のこれまでの理解を総合すると、学長や学部長等、組織の長には大胆な決断力や秀逸なアイディア等より…

昔のトラウマ

ある人の言葉から昔のトラウマが蘇る。蘇るってことは克服できていなかったんだなと実感。もういっぺんちゃんと向き合って、克服しなければ。 それまでブログは小休止。

人に伝えること

最近常々思っていること。 仕事のやり方なんかは比較的簡単に伝わる。しかし、その背景にある考え方や想いというのはなかなか伝え方が難しい。 そういったことを伝える時には、少々くさいが"想いを言葉にのせること"を考えて話すようにしている。例えば、教…

学生寮の必要性

各大学、寮を持っているところも多いと思う。私が所属する大学も持っている。 ある大学では、外国人留学生と学生を住まわせることで、国際化を図ろうなんて話も聞く。しかし、日本全体で賃貸が余っていると言われるなか、大学が寮を維持していく意味はあるの…

趣味の一つ

教育関連にどっぷり浸かっているとまでは言えないものの、それなりにプライベートでも学んでいる。そんな中で、リラックスの一つとなっているのがマンガだ。 全く興味のない人もいるかもしれないが、もし時間がある人は下記のマンガを読むことをおすすめする…

それがその時のベスト

かなり前、あの時の決断が正しかったのかどうかと悩んでいた後輩に、その時はそれがベストだと判断したわけで、何度戻ったとしても同じ決断をするはず。だから、気にすることはないという話をした。 そしたら、過去の話をした際に、見事にそれを返された(笑)…

仕事とプライベート

仕事とプライベートは別。 先日、普段の仕事の姿を知っていても、プライベートは別だからわからないという話をされた。大して仲の良い人ではなかったりすればなんとも思わなかったのだが、自分が信頼をし、素を見せられている、そんな関係性だと思っていた人…

言葉の力

私は他の影響を受けやすい。特に人の言葉に。 今まで言われた言葉や聞いた言葉で特に印象に残っているのは次の言葉だ。 「知った時、わかった時が自分にとっての最速。だから、もっと前に知っていればとか、気付いていればと思うよりも、そこが最速なのだと…

過去のJUAMの研究会記録を載せたいが・・・

身元がバレる恐れがあり、載せられないなと思いとどまる。それらで得た知見も多いが、多分すぐ自大学にはバレる・・・気がする。 ただ、こういう地区毎の研究会の情報共有は必要だと感じている。事務局だよりには簡単な報告があったと思うが、それらに加えて…

過去の自分が今の自分をつくる

中二病的なエントリーです。大学関連の内容を期待されている方はご遠慮ください。 個人的な信念として、過去の自分が今の自分をつくると考えている。 正しいと思うことは反対されるとわかっていても言う。その場の雰囲気を壊そうが、言うべきことはいう。や…

給付型奨学金よりも

以前から給付型奨学金よりも、より低年齢層への支給をと書いてきたが、給付型の奨学金創設がされるようだ。 給付型奨学金よりも大学の授業料を補助しては?とかむしろ大学教育は無償化すべきだという議論、それに対して、高等教育を受けれる人は所得が高い人…

グローバル人材

グローバル人材の育成を・・・なんてことが叫ばれている現在、大学ではそういった人材の育成に力を注いでいる。以前、本学でも職員のグローバル化という話が出たことがあるが、その際に調査されたのはTOEICやTOEFL等が何点以上ということだけだった。 私は英…

大学ランキングについて

世界大学ランキングというものがある。あまりこうしたものは信用していないのだが、臨時増刊・別冊週刊東洋経済(以下)が気になって大学の図書館で読んでみた。 すると、無視してもいられなくなりそうな気がした。 store.toyokeizai.net Twitterでも一部つ…

学費の負担

以前にも書いたかもしれないが、検索しても見当たらなかったので記載。 日本では学費負担者が父母であることが多いが、海外においては学費負担者が本人であることが多い。ここで大きな違いが出る。 それは、学費負担者(仮に父母とする)が相応の権利を主張…

速解 大学教職員の基礎知識-平成28年度改訂版-を読了

初心に返り、標記の本を読んでみた。 改正点等がわかりやすく整理はされていたが、入職1年目に読んでおけばよかったなと思う内容だった。私のような中堅に差し掛かる職員が、こうした本で勉強しているようでは正直まずい。財務関係は残念ながら興味がないの…

人事の主語は組織か社員(職員)か

以下の記事を拝読した。 diamond.jp タイトルでは経営陣も「研修」を受け続けるとなっているが、それよりも目を引いたのは以下である(抜粋)。 経営トップの仕事の3割は人材育成 企業を成長させるのもダメにするのも人材であり、それが経営の最大の課題で…

三つのポリシーの策定及び公表の義務化について②

以前にも書いたが、三つのポリシーの策定及び公表が義務化された。 hibiblog.hatenablog.com 大学職員ブログとして著名なhigh190さんのブログでも触れられている。 d.hatena.ne.jp 今回の改正で理解できなかったのが、大学院における三つのポリシーの扱いで…

ボキャ貧と言われることについて

文科省の施策や読んだ本について書きたいけども、調べつつ書かないといけないので、蛇足のブログです。たまには書いてアウトプットしないと。。 さて、タイトルについて、最近ボキャ貧という言葉があるらしい。ボキャブラリーが貧困ということのようだ。ライ…

給付型奨学金について

しばらくぶりのブログ更新。 結局人事異動がなく、ショックを受けていたのです。権限も責任もなく、ただ上の指示どおりに仕事をするという、変えようにも変えられない不自由を抱えております。 それはさておき下記の記事を拝読。 netallica.yahoo.co.jp 記事…

一人旅(旅行記録)

今回は中身の無い旅行記録です。 緊張しいで引っ込み思案。且つビビリな私。GWは一人旅をしてきました。 いざ東京へ。(2泊3日) 一人旅といっても友人の結婚に合わせて旅行を組み込んだもので、お祝いの日もせっかくだからと時間までどっか行こうとスーツで…

ポートフォリオ

教育においては、ポートフォリオが大切だと言われる。 ポートフォリオとは、自分が学んできたりやってきたことの履歴だと私は認識しているが、図書館の読書通帳もこれに当たるのだろうなと思う。 www.asahi.com 図書館で借りてきた本だけでなく、買った本と…

現場の職員には教員の想いを組むという役割もある。

先日の後輩との食事(普通は飲みなのだが、私が下戸なので食事と書く)で気づいたことがもう一点あった。 私たち職員、とかく現場の職員は学生の声を代弁することが重要だ。しかし、それに加えて、教員の声も代弁することも大事である。 補助金に対する指摘…

補助金依存から脱却するには経済的な独立性が大事

以下の読売新聞の記事。 www.yomiuri.co.jp 以前のエントリーでも書いたが、こうした傾向は良いことだと思う。 hibiblog.hatenablog.com とかく日本の文化として、稼ぐこと、教育やスポーツにお金が絡むことに嫌悪感を抱く人が多い気がするが、経済的な独立…

一番大事なのは人間性なのかもしれない

昨日、以前の部署の後輩と久々にご飯を食べに行った。この後輩は入職から昨年度末まで一緒に仕事をし、私が直接指導をしてきた。非常に勉強熱心であり、その姿勢には感嘆の念すら覚えた。本人は謙遜しているが、非常にできた後輩で、年数が倍近い私よりも既…

補助金はあくまで"補助"金だ

あちこちで話題になっている下記の記事。 www.asahi.com 出来る限り日本語でとブログでは書いているが、今後のことを考えて官公庁は和製英語を使わず、英訳を考えて書くべきだと感じた。 和製英語は一先ず置いておいて、補助金依存について、補助金はあくま…

三つのポリシーの策定及び公表の義務化について

最近時間がないので、教育関係者以外には分かりづらい表現も注釈等を省いています。ご了承ください。加えて前にも書いたエントリーのような気もしますが、検索をかけても書いていなかったようなので、書くこととしました。見たことがあるようでしたら重複と…

就職活動における矛盾

新卒一括採用が批判され、卒業後3年以内、あるいは5年以内は新卒と同様に扱う動きが広がっている。 文科省も平成24年に以下の様な通知を出し、卒後3年以内は新卒扱いに・・・というような要望を出している。 大学、短期大学及び高等専門学校卒業予定者…

熊本地震を教訓に

まだ被害が収まっていないが、今回の熊本地震を教訓に、各大学は災害に対する備えをしなければならないと思う。私自身、熊本の大学職員の方との繋がりがあり、日々様々な状況を聞いている。そうしたなかで、やはり大学は公的な機関であると感じた。 大きな建…

投票所の設置について

何度かブログにも書いたが、大学に投票所を設置してはどうかと思っている。これについて、本学のある教員から、選挙権が18歳となることを考慮し、政治について知る機会を大学でも設けるべきだという提案をした旨の話を聞いた。 ただし、上の動きは鈍い・・・…

経験が邪魔をすることもある

最近の自分に対して思うこと。 経験を積んだ分、適切な解に行き着きやすいと感じることがある。一方で、たまにリスクの少ない解、無難な解となってしまっていないかを省みる必要があると感じている。 いざというときに責任を追求されないように、事務として…

権利の主張

後輩で権利の主張ばかりをする子がいる。 業務時間のギリギリにしか出勤はせず、少しでも残業する場合は必ず残業の申請をする。制度上、もちろん権利はあり、間違ってはいない。 しかし、一方で自分が来る前から仕事前の準備をしている先輩や後輩がいて、そ…

小休止

ブログの毎日更新を止めます。 少々疲れが溜まっているので、そろそろ適宜更新に移ろうかと。 毎日更新2ヶ月ちょいしかもたなかったなー。。

人を見る目

誰を信じたらいいのか、信じるべきなのか。人を見る目が大事だ。今回の人事制度でそういったことをまざまざと感じた。 役職であって、ある一定のポジションにいる人でも保身に走ったりする。ポジション上、相談すべき相手であったりしても、人間として尊敬で…

正夢

高等教育についての資料を読めていないので、少々蛇足を。エイプリルフールですが、嘘は書きません。 私はよく夢を見る。現実離れしたものは別として、現実感が伴ったものの多くは正夢となる。正夢にしたくない夢は、他人に話すと実現しない。これが私なりの…

職員にも派閥がある

まことしやかに言われているが、職員にも派閥があるという。 実際、事務のトップが代わった時はそれを感じることがある。大量の人事異動、主要ポストからの附属病院等への異動等。 こうした時に感じるのは、学長選挙と同じようなものである。自分の周りには…

学校法人の出資会社について

以前のエントリーでは、学校法人の子会社と記載したが、出資会社という表現が正しいようだ。(日本私大教連、学校法人の出資会社に関する情報開示の徹底を求める声明より) 以下以前のエントリー。 hibiblog.hatenablog.com 法人の出資会社においては、多分…

歓送迎会

この時期、どこの大学でも人事異動に伴う歓送迎会が予定されている。場合によっては補充人事がなく、送別会のみだったりもするが。 ここで本学の人事事情は記載しないと宣言したので記載しないが、こうした歓送迎会についてのみ記載したい。部署によってこう…